Loading...
MZ Mission Preparation for Launch2021-12-05T14:18:33+00:00
Document

訓練開始に必要なメディカルクリアランス

トレーニングの前に、各候補者は一連の医療テストを完了する必要があります。これは、飛行中に支障がないことを確かめるための徹底的な検査です。このテストには、最大8Gの負荷をかけるセントリフュージや10,000フィートの高度チャンバーなどが含まれます。

無重力訓練

MZと平野氏は、宇宙で無重力状態で浮かぶことになります。彼らは、無重力訓練と、浮かんでいる間の基本動作について専門家から指導を受け、この独特な環境に備えます。

緊急時対応訓練

宇宙飛行にはリスクが伴います。乗組員の安全確保のために頼りとなる複数の宇宙船とシステムがありますが、主要なシステムに異常が発生した場合に備えて、バックアップシステムを用意しています。MZと平野氏は、緊急事態に対応する方法と、利用可能なバックアップシステムの使用方法を学びます。これらの訓練には、ISSでの火災、宇宙船の減圧、または目的地外着陸(水上や荒地)時などの対処法が含まれます。

宇宙服と座席のフィッティング

ソコル宇宙服は、ソユーズ宇宙船の打上げと再突入時に着用されます。宇宙服は、宇宙船が減圧された場合の保護を提供します。宇宙服は、各宇宙飛行士にフィットするようにカスタマイズされています。さらに、各宇宙飛行士が座る座席も同様にカスタマイズされており、最大限の快適さと保護を提供します。

身体訓練

身体訓練は、宇宙飛行時に体調を整えるのに役立ち、宇宙飛行の体験を最大限にすることができます。スターシティでの滞在中、乗組員は定期的にジムに行き、有酸素運動とウェイトトレーニングを組み合わせ、プールでの時間、屋外でのランニング、およびトランポリンでバランス感覚を養います!

ソユーズMS宇宙船

MZと平野氏は、設計、レイアウト、ライフサポートシステム、通信システムなど、ソユーズMS宇宙船の主要なシステムについて学びます。通常、教室でのトレーニングから始まり、シミュレーターでの実践的な訓練に移ります。

ISSシステム

MZと平野氏は、宇宙滞在時の彼らの主要な「家」となる、宇宙国際ステーション(ISS)ロシア部門の主要システムについて学びます。トレーニングには、基本的なレイアウト、ライフサポートシステム、通信システム、および食事の準備からトイレに行くまでの日常的な動作が含まれます。通常、教室でのトレーニングから始まり、シミュレーターでの実践的な訓練に移ります。

ISSパートナー部門

宇宙国際ステーション(ISS)ロシア部門について学ぶことに加え、MZと平野氏は異なる国際パートナーが管理しているISSの他の部門についても学びます。この訓練を完了するために、日本(JAXA)、ドイツ(ESA)、アメリカ(NASA)のトレーニング施設へ訪問します。

ミッションプログラム

MZは、平野氏のサポートを受けて実施する宇宙での活動のミッションプログラムを作成しています。このプログラムの詳細については、MZのウェブサイトをご覧ください。MZのトレーニングプログラムの一部には、ISSで写真やビデオを撮影する/送り返す方法など、これらの活動の準備が含まれています。